企業における看護師のキャリアプラン

以前看護の世界におけるキャリアアップと言えば、管理職昇格試験を受けて師長や主任になる以外道はありませんでした。
しかし、昨今では様々な資格試験が行われるようになったことで、より専門的な医療を行える看護資格を身につけられるようになり、多くのキャリアパスが開かれるようになりました。
さらに、看護の仕事で得た知識や経験を企業運営に生かしてキャリアアップに結びつけることができるようにもなってきています。
例えば、創薬ビジネスを行っている企業に治験コーディネーターなどがその好例です。
治験コーディネーターとは、新薬の認可に先んじて行われる臨床データ収集に際して試験内容の立案や説明などを行う職種のことです。
直接的に看護に携わる職種ではありませんが、看護師としての知見が大きく寄与する仕事になるため、実際に看護師として実地でよりよい経験を積んでおく必要があります。
また、治験データの収集は世界規模で展開されることが多く、また医療の器具や薬の材料は外国産のものが多いため、創薬ビジネス企業は外資系の医療企業と提携して事業を行う場合が大半です。
従って語学力が堪能であればあるほど、キャリアアップの機会に恵まれる可能性が高くなります。
看護師から創薬ビジネスなどの企業へ転職するというキャリアプランが開けてきた昨今、看護の仕事においてよりよい経験を積むことと語学能力の研鑽が将来に明るい影響を与えることは、間違いないと言えるでしょう。
今一度キャリアプランを検討しどのようにキャリアアップをしていくか検討することが大切です。
その際に参考にしたいおすすめサイトは『こちら