生活にも活かせる看護師の経験

看護学校に必死に通って資格を取得したからこそ無駄にしたくないと考える女性は多く、看護師としてずっと働き続けようという気持ちの原動力になっている場合もよくあります。
資格を取得して現場で働いてきた経験を活かすには、やはり現場で働くしかないと考えてしまいがちですが、必ずしもそうではないという視点も持ってみましょう。
確かに注射をしたり、医療機器の操作をしたりするスキルは臨床現場でなければ活かす機会はなかなかありません。しかし、看護師のスキルとして重要なものの一つに患者とのコミュニケーションがあります。
また、相手の様子を観察して考えていることを察する洞察力もまた重要なスキルでしょう。
こういったスキルは臨床現場でなくとも活用できるものです。
特に離職をして子育てをするようになって子供の世話をするとそれを実感する人も少なくありません。
また、両親が高齢者になって介護が必要になると、その介護に現場経験が生きているのに気づく人もいます。
病気になってしまった家族を看護する際にも自然に臨床現場で行っていた基本的な配慮を無意識のうちにやってしまい、それに感謝されてあらためて認識する人もいるのです。
こういった形で看護師の臨床現場での経験は着実に家庭生活にも活かすことができます。
社会で働くという視点を持つのも大切ですが、家庭に目を向けて有能な主婦として働く道もそれまでの経歴が決して無駄になるものではないと知っておきましょう。